042-548コノシワ-7448ナシシワ

目頭切開・蒙古ひだ形成の診療を行っております

目頭切開・蒙古ひだ形成

日本人やアジア人に特徴的な目頭(めがしら)にある蒙古ひだは目を小さく見せてしまうばかりでなく、目が離れた印象や鼻(特に鼻根部)が低い印象を与えてしまいます。さらに蒙古ひだのつっぱりが強い人は二重のラインが蒙古ひだの内側から始まるため、いわゆる末広型の二重になり易いのも特徴です。並行型の二重にしたい場合は目頭切開を行うことをお勧めします。このように目頭切開の効果は二重のラインを変化させるだけでなく、目を大きく見せる効果があり、目が離れている印象の改善、鼻根部を高く感じさせる効果もあります。さらに、手術によってひだの頂点が内側(鼻側)へ移動するため涙湖(るいこ:涙がたまる目頭の三角形の部位)が見えることにより大人っぽい艶のある印象を与えます。また、切れ長の目にしたい場合も有効な手術方法です。

当院ではひだの形態やつっぱりの程度によってZ形成術、Park法、内田法などから最も適した方法を選択して行っています。手術は局所麻酔で行うことが出来ます。目頭切開単独であれば所要時間30分程です。皮膚縫合には非常に細い吸収性の糸を用いますので抜糸の必要はありません。どの方法を用いても手術後の傷跡は非常に小さなものですので赤みが落ち着いてからはほとんど目立ちません。

目頭切開術後の結果に満足されていない方、蒙古ひだを再形成することも可能です。詳しく診察させていただいて手術方法についてご提案させていただきます。

会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、眼帯で隠しながら片目ずつ手術を行うことも可能です。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

目元の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ