042-548コノシワ-7448ナシシワ

逆さまつげ(睫毛内反)の診療を行っております

逆さまつげ(睫毛内反)

上まぶたあるいは下まぶた、もしくはその両方のまつげ(睫毛)が内側を向いて(内反)眼球に当たって角膜を傷つけてしまう病気です。まつげが角膜や結膜を刺激することによりチクチクする痛み、目ヤニ、涙目などの症状が出ます。小児や高齢者に多い病気ですが10代や20代の人にも認められます。小児と高齢者では主な原因が異なります。特に小学生などの小児では年齢とともに改善する傾向にありますが症状が重度である場合、痛みや涙目による集中力の低下や長期の角膜炎による視力低下などが懸念されます。小児期に適切な治療が行われないまま成人に至っている場合もあります。

上まぶた

上まぶたの睫毛内反は小児の場合、腫れぼったい一重まぶたの人に多く認めます。高齢者では加齢により上まぶたの皮膚がたるみを生じた方や眼瞼下垂を認める方に多いです。治療は小児の場合、二重まぶたを形成して睫毛の上にかぶさる皮膚を少なくするとともにまつげを上に跳ね上げるようにします。高齢者では原因に応じた手術を行います。皮膚のたるみによって内反している場合は余剰皮膚の切除、眼瞼下垂が原因になっている場合は眼瞼下垂に対する手術を行います。

下まぶた

下まぶたの睫毛内反も小児と高齢者では主な原因が異なっています。小児ではまぶたの構造上の特徴として目を閉じる筋肉や皮膚のボリュームが多かったり、下まぶたを下方に引っ張る組織(下眼瞼牽引腱膜)の先天的な欠損が原因になることが多いです。手術では筋肉や皮膚のボリューム調整や筋肉の引き締め、さらには下眼瞼牽引腱膜を作り直す(再建する)ことを行います。高齢者ではまぶたを支える組織や前述の下眼瞼牽引腱膜が加齢により弛緩することが大きな原因であります。この場合もやはり下眼瞼牽引腱膜の機能を再建することが必要になります。その他、内眼角贅皮(ないがんかくぜいひ、蒙古ひだ)という目頭の皮膚が突っ張っていることに起因する場合もあり同時に改善する手術を行うことがあります。いずれにしても適切な手術により改善する疾患であります。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

まぶたの診療案内

院長ブログ

スタッフブログ