042-548コノシワ-7448ナシシワ

眼瞼内反症の診療を行っております

眼瞼内反症

加齢によりまぶたを支える組織の緊張が低下することで水平・垂直の両方向にまぶたが緩んでしまう(弛緩)ことや、眼輪筋の収縮が原因で起こる病気です。睫毛や下眼瞼の皮膚自体が角膜や眼球に接触することによる違和感が持続し、チクチクする痛み、目ヤニ、涙目などの症状を引き起こします。
下まつげのぎりぎりを約1.5cm得切開して、弛緩した下眼瞼牽引腱膜を縫い縮める手術を行います。特に老人性の眼瞼内反症には効果的です。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

まぶたの診療案内

院長ブログ

スタッフブログ