042-548コノシワ-7448ナシシワ

眼瞼下垂症の診療を行っております

眼瞼下垂症

眼瞼下垂症とは、まぶた(眼瞼)が下がって(下垂)黒目に覆い被さり、視野を妨げることで様々な症状を引き起こす病気のことです。言い換えればまぶたが重たく感じて、目が開きづらい状態のことです。原因はさまざまですが大きく分けて生まれつき(先天性)の場合とそうでない場合(後天性)があります。

生まれつきの先天性眼瞼下垂はまぶたを開ける筋肉(上眼瞼挙筋)が良好に形成されないため、まぶたを持ち上げる力が弱い状態で生まれて来る病気です。生まれつきではない後天性眼瞼下垂の原因はさまざまで、最も多く認められるのが加齢による変化です。加齢とともに上眼瞼挙筋の力が弱くなってしまうことにより起こるものです。その他若い時期からのコンタクトレンスの長期装用により上眼瞼挙筋からつながる膜(腱膜)が引き延ばされたり、外れてしまったりすることによっても起こります。最近では花粉症によるかゆみから強く目を擦ることが原因で同様の機序が起こることもあるようです。

自覚症状としてまぶたが重い、目が開けづらい、視界が狭いなど解りやすいもののほか頭痛、肩こり、自律神経症状など一見関係のないような症状を認める場合も少なくありません。後天性眼瞼下垂は徐々に進行する病気であるため、ご自身では気づかないうちに症状がひどくなっている患者さんも少なく有りません。ご自身では症状を自覚しないまま、知らず知らずのうちにつらい生活を送られている「隠れ眼瞼下垂」の状態の方も多くいらっしゃるのが現状です。他の診察の際にご指摘して手術を受けられた方は、手術後に「大変楽になったのでもっと早く手術すれば良かった。」と感想を述べられることも多いです。

自覚症状の他に顔や目の特徴として以下のことがあげられます。

二重の幅が狭くなった、二重が無くなった、目が小さくなった、眠そうに見える、まぶたの上がくぼんで老けて見えるなどです。これも毎日鏡を出自分の顔を見ているご本人には気づきにくい特徴です。職場の同僚など他人に指摘されて初めて気づくことも多いようです。おや?と思ったら鏡でチェックすることをお勧めします。

治療法は手術によります。上まぶたに切開を行い上眼瞼挙筋やミューラー筋(目を開けるもう一つの筋肉)あるいはその両方をまぶたにある瞼板という組織に縫い縮めて固定する方法が効果的です。

また、二重の形成と同時に糸だけで行う、埋没式眼瞼下垂症手術も可能です。効果については限定的ですが、ダウンタイムの少ない良い治療です。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

まぶたの診療案内

院長ブログ

スタッフブログ