042-548コノシワ-7448ナシシワ

上口唇短縮の診療を行っております

上口唇短縮

鼻の下が長くみえるとういのはすなわち、上くちびるの皮膚(白唇部、はくしんぶ)が長いことが原因です。治療法は余分な皮膚を切除するということが根本的な治療になります。生まれつきの特徴もありますが、加齢によって筋肉が垂れ下がることで鼻の下が長くなってしまう傾向があります。また、上くちびるには人中(にんちゅう)や赤唇縁(せきしんえん)に立体的な凹凸がありますが、加齢により平坦化してしまいます。鼻の下が長く、凹凸の無い上くちびるは老けた印象を与えがちです。
長い白唇部の余分な皮膚を鼻の下に沿って切除することで、鼻とくちびるの赤い部分(赤唇部、せきしんぶ)の距離を短くすることが可能です。これによって白唇部が短くなり、赤唇部が厚くみえる効果があります。鼻の基部で皮膚を切除してくちびるを引き上げます。鼻の基部に沿った傷跡になるため比較的目立ちにくく仕上がります。
また、手術までは受けたくないという方には、ヒアルロン酸などの注射を行うことによって、くちびるの立体的な凹凸を作成することが出来ます。ヒアルロン酸注射だけでは鼻の下が短くなる訳ではありませんが、十分にくちびるの立体的構造を理解して再現することで、過度に長く見えないようにすることも可能です。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

口の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ