042-548コノシワ-7448ナシシワ

粉瘤(ふんりゅう、アテローム)の診療を行っております

粉瘤(ふんりゅう、アテローム)

皮膚に発生するできもののうち、ホクロの次に多く認めるのが粉瘤です。一般に、「脂肪のかたまり」と呼ばれていることが多い皮膚腫瘍の一種です。
中でもお顔や背中に認めることが多いですが、手術跡やケガによる傷跡から出来る場合も有ります。
中央の小さな穴(皮膚開口部)から細菌が侵入して化膿することがあります。これを炎症(化膿)性粉瘤と呼びます。患部は赤く腫れ上がり、痛みを伴います。軽い炎症なら抗生物質を内服すれば炎症はおさまりますが、ひどく化膿すると皮膚の下の袋状構造物は破壊され、膿みがたまった状態(膿瘍)になります。この場合、抗生物質を内服しただけでは効果が少なく、表面を切開して膿みを出したほうがよいことがあります。治療は切除手術の適応になります。手術では、表面皮膚の切開は最小限にして、皮膚の下のアテロームのみを摘出することも可能ですので、皮膚の傷あとは小さく目立たなくすることができます。アテロームに炎症をともなう場合は、手術をすぐに行うことはできない場合が有ります。
よく似た皮膚のできもので、皮様嚢腫、頸嚢胞、耳瘻孔・耳前瘻孔、石灰化上皮腫、外歯瘻、毛巣洞などとの鑑別が重要ですので、ぜひご相談ください。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

皮膚疾患の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ