042-548コノシワ-7448ナシシワ

皮膚のできもの(皮膚腫瘍)の診療を行っております

皮膚のできもの(皮膚腫瘍)

皮膚のできもの(腫瘍)とは皮膚を構成する細胞が自分勝手に過剰な増殖をした状態です。皮膚表面から直接目で見て診察することが出来るので臨床的な診断が得られやすいことが多いです。皮膚腫瘍には様々なタイプが見られますが、比較的多く認められるものとしては粉瘤(ふんりゅう)、石灰化上皮腫(せっかいかじょうひしゅ)、母斑細胞性母斑(ぼはんさいぼうせいぼはん、いわゆるホクロ)などがあります。イボについては狭義の意味で腫瘍では有りませんが、治療は皮膚腫瘍とほぼ同じです。
腫瘍には良性と悪性があり、それらの違いを確実に診断するためには病理組織検査、つまり切除術が必要ということです。その他、腫瘍細胞の浸潤度、増殖速度、転移や再発の有無、ヒトに対する悪影響の程度などの総合判定によっても悪性度を判定します。

皮膚腫瘍を治療するためには手術前診察での診断、確実な切除手術、病理学的診断の3つがとても大切です。皮膚は細かく見ると表皮、真皮、皮膚付属器から構成されています。その皮下組織は脂肪組織、筋肉、血管、リンパ管、結合組織などにより構成されています。さらに細かく見るとそれらは多種さまざまな細胞が集まって構成されており、その細胞一つ一つからさまざまなタイプの腫瘍が発生します。腫瘍のタイプによって手術方法が異なるため手術前の診断が非常に重要になります。腫瘍が大きくなれば切開も大きくなり、結果的に傷跡も大きくなりますので、早い時期の手術が望ましいです。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

皮膚疾患の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ